確定申告

スポンサーリンク

個人事業の開業ガイド > 個人事業主の確定申告 > 青色申告と白色申告の特徴

青色申告と白色申告の特徴

経営判断に良い影響が出る青色申告

所得税の確定申告の方法には「青色申告」と「白色申告」の2種類があり、さらに細かく分けると青色申告にも2種類(65万円控除と10万円控除)あるので計3種類ということになります。

青色申告は、複式簿記による記帳が必要なので複雑な簿記の知識が必要ですが、白色申告の場合は小遣い帳程度の記帳で帳簿を作成をするだけで済みます。

どの方法を選ぶのも自由ですが、さまざまなメリットがあるだけでなく経営判断にも良い影響が期待できる青色申告の65万円控除がおすすめです。

確定申告の種類

種類 赤字の
繰越控除
専従者給与 記帳方法 必要な帳簿等
青色申告
(65万円控除)
翌年以降3年間 すべてを経費にできる 複式簿記 現金出納帳
売掛帳
買掛帳
固定資産台帳
預金出納帳
給与台帳
経費帳
(要貸借対照表)
青色申告
(10万円控除)
前々年度所得が300万円以下で現金主義の申請済 簡易簿記
(現金主義簡易簿記)
現金出納帳
(経費欄を加える必要あり)
前々年度所得300万円超 簡易簿記 現金出納帳
売掛帳
買掛帳
固定資産台帳
経費帳
(貸借対照表不要)
白色申告   原則なし(災害による損失など例外あり) 制限あり 自由な書式で必要事項を1冊にまとめて記帳。
簡易な方法でOK。

スポンサーリンク

 >> NEXT 青色申告の申請方法

 >> 個人事業主の確定申告TOP

経費を抑えて税金を抑えよう

控除で税金を節税しよう